やってみたい・やってみた
スクレ―パーブレードというもの
木工も初心者だけど、
興味と物欲・知識欲だけはわんさか湧いてくる。
いや、初心者だからこそなのかな。
まぁ、記憶力の悪いわたしなので、
知識欲よりも、検索欲と言った方が似合うかもしれない。


大きい物も小さい物も作るのは楽しい。

以前、勢いに任せて端材をダンボールに一箱買ったので、
それで何か作って見たいなーと思っているのが、
スプーン。

木工する人は割と通る道なんだとか?

で、調べてみた結果、
いろーーーーーーんなやり方があるのね。
彫刻刀でひたすら掘るとか、
小刀でひたすら削るとか、
くぼみはボール盤でキュイーンとやっちゃうとか。
そんななか、
クルックナイフとか、フックナイフとか、スプーンナイフとか呼ばれるものを発見。
先の曲がった、まさにフックの形をした、
スプーンのようなくぼみを削るためのナイフらしい。
(クルックってどんな意味だろう。)

欲しいなー
片刃がいいのかな、
両刃がいいのかな。
どんなものが自分に合うのかなー
・・・そもそも、買わないという選択肢は最後にしか出てこないのか?

そんなこんなでいろんなHPを渡り歩いていると、
スクレーパーブレード なるものを発見。
フックナイフさんたちとはまた違った用途みたいだけど。。。 脱線大好き。

金属の板を両手で持って木をこすると、表面が削れてきれいになるんだとか。


ビデオの画面だとよくわからないのだけれど、サンドペーパーでやるのと同じくらいにできるんだろうか。
鉋みたいにきれいにできるとか書いている人もどこかにいて、気になる気になる。
鉋なんて、できない!

いろんなHP見てると
木工は、刃物が砥げなきゃできない感じだけど、これはなんだか簡単に刃つけをしていたし。
(慣れている人が映っているから当然か?)

そういえば、
フックナイフとかを砥ぐのなんて夢のまた夢の話ともいえるか…
砥げないものを買ってしまったら、使いにくくなった時にどうしたらいいかわからないもの。
さすがに旦那さんも曲がった刃物を研ぐのは無理だろうし。。。

ところで、汚れ落としとかに使うスクレーパーとは何が違うんだろうか。
刃のあるなし? 丈夫さ? なんだろうなぁ・・・。
あ、柄がないから曲げられるところは大きく違うか。

単なる薄いステンレスの板を曲げてこするんじゃ、やっぱりだめ・・・だよね?


投稿した直後に追記。

フックナイフの「両刃」「片刃」
もしかして、刃の左右両方についている意味の「両刃」とかかと思っていたけれど、
包丁とかでも使う「両刃」っていう意味で、表裏両方に刃つけがされているという意味なんだろうか。
写真も見たけれどよく見えない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR