やってみたい・やってみた
リンゴジュレ

リンゴを大量にもらって食べるけど、
皮がいつも勿体なく感じて、
お風呂に入れて香りを楽しんでいたけど、
調べてみたらリンゴの皮と芯で作るジュレのレシピを発見。
1度目は、煮詰めすぎて、お菓子によくある砂糖をまぶした固形のゼリーのようになってしまった。

義父が毎年カリンジュレを作ってお裾分けしてくれているのを思い出し、
1度目失敗した後に会った際に聞いてみたら、
「冷蔵庫でお皿を冷やしておいて、煮詰めた物を一滴垂らしてお皿を傾けて垂れ具合で粘度を確認する」
んだとか。
2回目はそれをやってみたけれど、
考えてみたらどれくらい垂れたらちょうどいいのか聞いてなかった。
それでも何とか、感覚で乗り切って成功。
ヨーグルトに合わせてもちゃんと混ざる。
・・・でもやっぱりちょっと煮詰めすぎてる気がしないでもない。

それにしても、
皮と芯を煮出して、砂糖を入れて煮詰めただけの段階ではくすんだ色なのに、
レモン汁を入れただけでこんな鮮やかな色になるとは驚き。
紅茶にレモンを入れると色が変わるのとか、
紫かぼちゃと何かを合わせると色が変わるとか、
いろいろあるけど、科学?化学ってびっくりだ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR