やってみたい・やってみた
糸によって違う
ひたすら▲を編み続けている。

そこで気が付いたこと。

・・・・・同じメーカーの同じ太さの糸なのに
色によって編みやすさや加減が違う。
Altin Basakのポリエステルの糸をこの前買ったのでそれをひたすらほぼ全色使って▲を編み続けているわけだけど、


使う前に糸を伸ばしたのに、
イーネオヤを編んでいるときに糸を引っ張るとまた伸びる感覚。
下手をすると、下の段の目まで伸ばしているんじゃないかと思ってしまう。
それくらい伸びる。
結び目をきつくできているのか、結び目は緩いまま糸が伸びているのかよく分からなくて心配になる。

もしくは、最初に伸ばした後、編んでいる間に縮んでしまって編むときに伸ばす形になっている?


使う前に伸ばして、編むときには伸びる感覚がない糸。
編みやすい。
結び目のきつさでちゃんと手加減が伝わってくるから、
伸びる糸より断然編みやすく感じる。


使う前に伸ばそうと、両端を持って引っ張るも、
全くというほど伸びようとしてくれない。
白系の、番号じゃなく言葉で「BEYAZ(白と訳す)」とか書いてある糸全て。
(といってもそれ系の糸は3種類しか持ってない。)
編みやすさは②に近いのかな…・今のところの感覚では。
多少、目が小さくなりがちな気がしないでもない。

という感じに大まかに3種類の糸の伸び具合の糸があるように感じる。

ポリエステルという素材としては同じだから、
それに含まれている色の材料の性質がそれぞれ違っていて伸び具合が変わっているのだろうか。

ひとつ気になるのは、
いろんなHPで見る限り、
≫ポリエステルの糸はあまり伸びない。
≫ナイロンの糸はよく伸びる。
と書いてあることがほとんど。
ただ、
「ポリエステルは伸びない」とは書いてない。
だから「あまり」伸びないだけだから、
ナイロンを使ってみたらもっと伸びるかもしれないだけで、
ポリエステルだけで見たらこれくらいは伸びて普通なのかもしれない。
比較対象があるかないかで感じ方は違うだろうから。
となると、ナイロンってどんな風なんだろうと気になる。

・・・・・・イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ
我慢でしょ!!!
うん、我慢。
買ったばかりだもんね。
お小遣い無くなっちゃう。

ということで、いつか試してみたいことの一つに
*ナイロンとポリエステルの糸の伸び具合の比較*
が加わった。

で、
何が言いたいのかっていうと、

トルコでは、何年前までかは
ポリエステルの糸とナイロンの糸をお店の人でさえ区別してなかったらしいと読んだことがあり、
これはポリエステルと書いてあるけど本当にあってるの?

ということが言いたい。

糸によって違いが出るのは、他にどんな原因が考えられるだろう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handmadediytry.blog.fc2.com/tb.php/47-27e02d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR