やってみたい・やってみた
理想のシャトル
こんな時間ですが。
どうしたら理想のシャトルに近づけるのか考えてみた。

9.jpg

Twitterでフォローさせてもらっている方たちの
シャトルへの言葉がなんだか気になって。

糸巻き確かに面倒。
だけどそれをせずには編むことはできず。

一般的なプラスチックのシャトル
(クロバーなどの)では、板の隙間を狙ってカチカチと音を鳴らしながら巻くか、
シャトルワインダーなる道具を使って隙間を広げて巻くかしかなく。

普通に巻くのは面倒だし、時間もかかるし、
隙間を通るときに糸もなんだか痛んでいそうなイメージ。

ワインダー使うのは、力加減を間違えるとシャトルが折れたり、
隙間が戻らなくなってしまったりするらしい。
ので、不器用な私は使うのが怖い。
丁寧な人だと良いのかな?

ボビンシャトルの、ボビンに棒を突き刺して、
電動ドリルで加えてウィーンとするのはとっても楽。
だけど、それでも糸がボビンから飛び出て絡まってしまう事故も多少ある(らしい)。
(ミシンで糸巻きするときのように、外側へはみ出ちゃうみたい)
それに、
外出先で編んでいた糸がなくなって巻き直したいとき、
電動ドリルは使えない。
ボビンを手に持って巻くとなると、シャトルの糸巻きのように自分の指が邪魔になったり、
ボビンの外側へ糸を出しちゃって指ごと巻いたり(私だけ?)
鉛筆とかが手元にあって、手動でドリルのようにくるくる巻くのも良いけど、
ちょうど良い棒がなかったら?

まぁ、そんないろんなことを考えてみた結果、
頭の中にもやもや浮かんできまして。
ちょっと図にかいてみようということに。

10.jpg

11.jpg

サイズも何もないけど、
とりあえず浮かんできたものを図と文で残してみた。

A案は、今気が付いたけど下側の茶色いのは、
筒状のボルト のような形になってしまっている。
こんなもの、ホームセンターにあるのかな?
なかったらその時点でこの案は使用不可な気がする。

以前木製糸巻きがつくりたくなって挫折したままだけど、
今回はどうなることやら。
・・・・・・いや、つくるとは言ってないけどね。
頭に浮かんだだけです。
もうちょっと練ってみようかな。

2/27追記
B案。
パイプにねじを切るって書いたけど、それってただのナットじゃないか。
普通に売ってる六角ナットだと糸に折り目つきそうだ。
円形のナットがあると嬉しいが、探してみても種類は少ない感じ。
一般的にはほとんど売られていないような。
ほかに何か良いものあるかな。

パイプにねじを切ったり、ナットを使ったりしなくても、
両側からのねじの圧力で固定できたりしないかな?
そうなれば簡単なんだけど。


こうやって、ああでもないこうでもないって考えている時間が一番楽しいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://handmadediytry.blog.fc2.com/tb.php/440-9254dd16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR