やってみたい・やってみた
ルーバー?ガラリ?鎧戸?
百葉箱や、家の小窓の目隠しに使われているような、
細くて薄い板を斜めに重ねて貼り付けてある窓、なんていうんだっけ。
ルーバーといったり、ガラリといったり、鎧戸といったり。
どう違うのか、イマイチわからない。

まぁ、名前はいいとして、そんなようなものが欲しい。
使い道は窓じゃない。




野菜やハーブなどを干すときに
日向で一気に乾燥させるものもあるけど、
「風通しのいい日陰」とがいいものもよくある。
というか、こっちの方が多いんじゃないか。

我が家の庭は、
ほぼ日当たりがよく、
日当たりの悪い場所は家の北側で、ウッドデッキもないし出入りできるような掃出し窓もなく、
いちいち玄関を出てぐるっと回らなければならない。
しかも、
お隣さんとの隙間から生えている例の桑(らしき植物)がワサワサしていて通りにくい。
クモの巣もよく張るし。

ので、
目が行き届きやすく、
手もかけやすく、
行き来しやすい場所である日向に
あえて日陰を作ったらどうかと。

で、ルーバー窓で作った箱を置いたらいいんじゃないかと。
ところが、ルーバーの窓って作るの難しそう。
作る方法がというより、繊細さが。
あんな等間隔に同じ角度で張り付けるなんて・・・・しかも薄い板!

で、ラティスを組み合わせて作ろうかなーなんて思案中。


それにしても、試に百葉箱の値段調べてみたら、たっかあああああああ!!
そりゃあ、公正に作らなきゃいけないからしょうがないとは言え、
それにしても高すぎないか…?
買わないからいいけどさ。




でも、その前に、
旦那さんが食卓の隣に棚を作ろうかとか言い出していて、
そっちが先になりそうだ。
一緒に作るのかなぁ。
ひとりかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR