やってみたい・やってみた
木製糸巻が作りたい03
木製糸巻が作りたい02
に続き、
それをどうにかしようと模索中。


とりあえず、
丸棒の円の中心に穴を空ける作業のために、
こんなものを作ってみた。

20150429 211246

~02のときに作った「V字に切った角材」をクランプで毎回止めるのが面倒なのと、
我が家にはクランプが足りない
(これを作業台に止めるクランプが4個しかないから、
V字を止めるだけに2個使うと作業台に止めるにも2個しかなくて不安定)
のでそれを解消するために
クランプなしで止められるようにしてみた。
これなら、この道具をクランプで台に固定するだけでいいはず。

で、固定されればちょっとは安定して中心にまっすぐ穴を空けやすくなるんじゃないかと。
あとは腕と使い勝手次第かな?

他には、
芯を削る際に、
前回は
左手で、丸棒に穴を空けたものを持ってコロコロ転がしながら、
右手で、リューターでキュイーンと削っていたのだけど、
それだと左手で回す回転具合とか見え具合で、
場所によって細くなったところとそうじゃないところができやすかった。

ので、
それを旦那さんに話したところ、
木工旋盤があるといいんじゃない?
と軽く言われた。

…そんなに軽く言うけどさ、
買ってくれるとでも言うの!?
おこずかい増やしてくれるとでも言うの!?
そもそもどこに置くやら、どこに木屑が飛ぶやら。

てことで、
ドリルを旋盤代わりにしよう。

使う丸棒には穴があるので、
そこに長いボルトを通して、
面積の広いワッシャーで挟んで、
手で絞められるように蝶ナット仕様にして、
ボルトの端をドリルのチャックでつかんで
ドリルが回ればホラ、木工旋盤に!!!

・・・・・・・・なるといいよね。
実はまだ、
その材料を買ってきたし、
前回の失敗作をボルトに通してみたはいいけれど、
まだドリルに取り付けたり、それを回したり、削ったりしてない。
他のものを作っている最中で、室内には塗装中のものがあるから。
さすがに木屑が飛ぶのはねぇ…。

てことで、5月中にでもそれが完成して、
糸巻き再び!になればいいな。

早く試したい。

・・・だけど、
これを書いている途中で気が付いてしまった。

これって、丸棒の中心の穴がまっすぐじゃないとうまくいかないのでは。
ななめだったら、棒も斜めにささるから、
ドリルで回転させたら同心円状に回らずおかしなことになってしまうんじゃ…・?

わたしの欲しいものリストにある
ドリルガイド、がランクアップ。
ドリルの首をつかむタイプのドリルスタンドは、うちでは使えない。
首の直径が合わなかった。
同時に、木工旋盤化するのに楽そうな、水平ドリルスタンドというものもランク少しアップ。

ドリルガイドは、
mono8692949114021302.jpg
パオック ドリルガイドセット
のように
プラスチックの板に穴があって、
そこにドリルの刃を入れて安定させるという
超簡易的なタイプのものと、

41jXtePQAUL.jpg
スターエム ドリルスタンド
(同じようなものが「ガイド」だったり「スタンド」だったり。)
のように、
ドリルのチャックでこのガイドをつかみ、
ガイドについているチャックでドリルの刃をつかむ
という2段階で使うタイプのものと
があるみたい。

丸棒の円の中心にまっすぐ穴を空けたいというのが今一番の目的だけど、
他の場面でも使えた方がいい。
どっちを買うべきか……
ナシでがんばれるのか……?
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR